スタッフ紹介

代表取締役 蕪木 宏晃

私は、この塗装の仕事に携わる前は、左官屋さん(外壁にモルタルを塗る仕事)に勤めていました。左官屋さんといっても、まだ10代で見習いだった私は、1日中モルタルをミキサーで練っては先輩方の所まで運ぶという作業がほとんどで、とにかく肉体労働的なことばかりをしていました。

昔から体を動かすことが好きでしたので、少しキツイなと思うこともありましたが、「自分も早く一人前になって壁を塗れるようになりたい」と日々仕事に励んでいました。

きっかけ

ある日、いつものようにモルタルを練って運んでいると、隣のお家でペンキ屋さんがお家の塗り替え工事をしていました。

「あ、ペンキ屋さんが塗っている」とその時は何気なく様子を見ていましたが、1日の作業が終了して帰ろうとした時にペンキ屋さんが塗り替えをしたお家を見てみると、壁がピカピカになりお家全体がとても綺麗になっていて「ペンキを塗ると、こんなにもお家が綺麗になるんだ!!」と衝撃を受けました。

この時から私は「ペンキ屋さんていいなぁ~自分もペンキを塗る仕事がしたい!!」と思うようになりました。

塗装の仕事に転職して

塗装の仕事に就いて、3年が経ち、この頃から徐々に小さな現場を任してもらえるようになりました。そしてある時になってお家の全体の塗り替えを任せてもらえることになりました。

お施主様に朝の「おはようございます。これから作業を開始しますので、よろしくお願いします。」
帰りがけの「今日の作業は終了しましたので、これで失礼します。」

という挨拶をする中で、お施主様の表情は暗く、「こんな若い子で本当に大丈夫なの?」といった様子が伝わってきました。そんな不安げな様子のお施主様を見ているのが辛くなり、次第にお施主様と距離をおくようになっていきました。

現場を任されて数日が経ち、「お施主様が不安そうにしているし、やっぱり現場を担当するのはまだ、自分には早いのかもしれません・・・」と親方に伝えると「若い、若くないとかじゃなくて、お施主様に認めてもらえるように、とにかく一生懸命やるしかないんじゃない?」という言葉が返ってきました。

自分自身、色々と考えたり、悩んだりしましたが「とにかく、自分にできることを一生懸命やってみよう!!お施主様に認めてもらえるように頑張ろう!!」と親方の言葉を聞いて心に決めました。

それから現場では、大きな声で挨拶、キビキビ動く、1つ1つの作業を一生懸命やることを心がけ、モクモクと作業をしました。すると徐々にお施主様の方から「若いのに真面目ね、よく頑張るね。」と声をかけてきてくれるようになりました。

そして、工事が無事完了し「今日で作業の方は完了しました。長い間お世話になりました。」と挨拶をすると、お施主様から「うちを綺麗にしてくれてありがとね。次の塗り替えもアナタにお願いするからね。」と言っていただきました。

この言葉を聞いた時、「こんな自分でも人から喜んでもらえるんだ!人から喜んでもらえることってこんなにも嬉しいことなんだ!」と、とても感動しました。

この出来事がきっかけで

「この仕事って楽しい!」、「この仕事をこれからもずっと続けていきたい!」と思うようになっていきました。そして、この頃から「いつか、自分も独立して自分のお店を持ちたい!」と思うようになりました。

この塗装という仕事を何年も続けて思ったことは、何の仕事でも同じかもしれませんが、「仕事へのやりがいというのはお客様に喜んでいただくことで感じられるもの」だということです。

独立と働くパートナーへの想い

10年間修業をし、念願だった「自分のお店を持つ」という一つの目標を達成しました。

独立後もちろん、これまでも苦しいことや辛いことがたくさんあり、何度もくじけそうになりました。でも、仕事を一生懸命やる中で、やりがいや楽しさを見つけることができ、「もっと、もっと成長したい」「自分という人間の価値を発揮したい!」と思えるようになりました。

ですから、この会社で働く仲間(パートナー)にも、自分自身でやりがいや楽しさを見つけ、この仕事を通じ、自分という人間を成長させていってほしいと思っています。ただの作業員で終わるのではなく、自分という人間の価値を発揮していってほしいと思っています。

高校卒で勉強も苦手、何の取り柄もない私でも、コツコツ努力をし、今現在では会社を設立することが出来ました。私は、「生まれつきの才能なんてなくても、後天的に努力をすれば生まれ持った逆境なんて跳ね返せる」と本気で思っています。

ですから、カブラギ・デザインテック(株)の代表として、「誰もが活躍できる居場所」を作り、仲間と共に成長し続け、成功を分かち合いたいと思っています。

そして、「日本を代表する会社」になるという目標(夢)に向かって、これからも日々前進していきたいと思います。

●自己紹介

  • 昭和58年 8月28日 A型   好きな色:黄緑
  • 夕日が綺麗な町 西伊豆町出身
    西伊豆町立 田子中学校  卒業
    静岡県立 松崎高等学校 卒業
  • 昔から勉強は苦手でしたが、スポーツは得意!特に野球が得意で小学校では8番、セカンド。
    ただ打つのは苦手...でしたが、盗塁と守備は得意です!

●得意・趣味

  • 洗車と掃除が得意です!10代の頃、ガソリンスタンドで働いていた経験が生きています!
  • まる顔は大工だったひいじいちゃんに似ているってよく言われます。ただ顔だけでなく性格も似たようで、同じ職人の道を歩むことになりました。

そして仕事をしながらですが、現在体を使って函南町に貢献できたらと思い、『函南町ボランティア連絡協議会』の施設作業グループに所属して、その一環として、富士見ヶ丘いこいの園、みどりが丘ホーム、伊豆白寿苑などの施設を出向いて草刈を行っていました。

白山 和彦

趣味や特技

サックス、釣り

お客さまへの約束

手抜き工事はしません

仕事へのこだわり

整理整頓、帰りがけの清掃、身の回りは常に綺麗にしておくことは、徹底したいと思っています

仕事をしていて嬉しかったこと

お客様が仕上がった家を見て、「新築の家だな!これは!」と言っていたのは、感動さえ覚えました。こういった良い仕事をたくさんやっていければと思っています。

京野 佑貴

趣味や特技

家の周りを散歩すること。2年前に静岡県障碍者技能競技大会で実務販売を行う競技で準優勝しました。高校の時陸上部でした。

仕事へのこだわり

綺麗に、早く作業できるにはどうすればいいか?常に考えながら作業を進めています。

仕事をしていて嬉しかったこと

お客様から「若いのに頑張ってるね!一生懸命だね!」と言われたこと。仕事ぶりを見ていただけたことは、やっぱり嬉しかったです。

造園、エクステリア工事
三輪 浩史

趣味や特技

自宅庭改修工事。家族サービス。第37回技能オリンピック出場しました。少年野球、中学野球 高校野球と野球をやってきました。

お客さまへの約束

お客様目線で満足していただける仕事をする。独りよがりでは、あまり意味が無いと思っています。

仕事をしていて嬉しかったこと

工事が完了して、お客様に仕上がりを確認していただいた時の笑顔。また、仕事をお願いします。と言われたこと。やっぱり何よりも嬉しい瞬間です。